安心典礼 今月(7月)のお話

~お盆について~

お盆は夏に行われる先祖の霊を祀る一連の行事で、仏教の世界では故人の命日、春・秋のお彼岸とともに重要な年中行事のひとつです。その行事の内容や風習は地方それぞれに様々な様式があり、必ずしも定まったものではありません。

新暦7月15日: 函館、東京・横浜・静岡・栃木市旧市街地、金沢旧市街地、
       白山市旧美川町地区、かほく市旧高松町高松地区など
新暦8月15日:(月遅れの盆)上記以外の全国的地域
13日に迎え火で故人の魂を家に迎えます。16日に送り火で故人の魂を送ります。

なぜ東京などの都市部は7月のお盆で、他の大部分の地域は8月のお盆なのかは、農業が盛んな地方の7月は農繁期で忙しいため、1ヶ月遅らせてお盆を行ったなど諸説あります。

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を「新盆(にいぼん)」と言います。「あらぼん、にゅうぼん、あらそんじょ」などと呼ぶこともあります。また、初盆も同じ意味です。

お盆は毎年この時期には亡くなった人の魂が遺族のもとに帰ってくるという大切な行事なのですが、特に新盆(初盆)は故人が亡くなってから初めてのお盆ということで念入りに供養をするのが一般的です。※四十九日以内にお盆を迎える場合には、その年ではなく翌年が新盆となります。

供養の仕方は地域によってもことなりますが、一般的な供養の例として精霊棚(しょうりょうだな) を仏壇の前に飾り付けます。これは祖先の霊を迎えるための棚のことで、その年の作物や精霊馬(=割り箸でキュウリとナスに足をつけ、それぞれ馬・牛とみなし、祖先の霊が来るときは馬に乗って早く、帰るときは牛に乗ってゆっくりとという意味合い)を供えます。 位牌は精霊棚の中央に飾ります。 個人の好きだった食べ物をお供えするのも良いでしょう。新しい蝋燭やお線香も用意します。また、祖先の霊が迷わず家にたどり着けるように盆提灯を下げます。 白提灯と絵柄の入った提灯の2種類がありますが、新盆では白提灯を使います。準備が整ったらお坊さんに来ていただいて、供養のためのお経をあげていただきます。※お寺さんでその年の新盆の供養を合同で行うところもあります。

地域や各ご家庭によって様々なお盆の過ごし方があると思いますが、一番大切なのは、故人様、ご先祖様を偲んで心安らかにお盆を迎えることではないでしょうか。

一般葬儀の他、社葬、生前葬、お墓、相続、仏事に関しましてはどんなことでもお気軽に弊社 安心典礼までお問い合わせください。 電話:044-975-3853