安心典礼 今月(7月)のお話

~お盆~

今年もそろそろお盆の時期を迎えます。
新型コロナウィルスが終息せぬまま、世間はコロナと共存を目指す新しい生活様式を取り入れ始めています。

お盆は夏に行われる先祖の霊を祀る一連の行事です。仏教の世界では故人の命日、春・秋のお彼岸とともに重要な年中行事のひとつです。その行事の内容や風習は地方それぞれに様々な様式があります。

新暦7月15日: 函館、東京・横浜・静岡・栃木市旧市街地、金沢旧市街地、白山市旧美川町地区、かほく市旧高松町高松地区など
新暦8月15日:(月遅れの盆)上記以外の全国的地域
13日に迎え火で故人の魂を家に迎えます。16日に送り火で故人の魂を送ります。

供養の仕方は地域によっても異なります。一般的な供養の例として精霊棚を仏壇の前に飾り付け、その年の作物や精霊馬供えます。 割り箸でキュウリとナスに足をつけ、それぞれ馬・牛と見なして祖先の霊が来るときは馬に乗って早く、帰るときは牛に乗ってゆっくりと、という意味合いが込められています。

現在では住宅事情の関連もあって、迎え火や送り火を行なわず、大きな精霊棚は用意せずに故人の好きな食べ物と精霊馬だけをお供えするというご家庭も多いことでしょう。どうしても形式に拘らなくてはならないということではありませんし、言うまでもなく、故人を想い偲ぶ気持ちがもっとも大切なことです。

ところで、弊社安心典礼は、この度フューネラルホールをリニューアルいたしました。ホールは宗教・宗派を問わずご利用いただけます。収容人数は約25名で近年需要が多くなりました家族葬・1日葬・直葬などシンプルな葬儀に最適なホールとなっております。また音響設備もリニューアルし、厳かな式を営みます。

ホール、または葬儀に関しまして、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
電話:044-975-3853