安心典礼 今月(9月)のお話

~秋のお彼岸について~

秋の彼岸は雑節の一つで、秋分の日を中日として、前後各3日を合わせた各7日間のことを言います。この期間に行う仏事のことを彼岸会(ひがんえ※奈良時代の806年に初めて彼岸会が行われたされる)と呼びます。

ちなみに今年、令和元年のお彼岸は、
彼岸入り・・・・・・9月20日(金)
中日(秋分の日)・・9月23日(月祝)
彼岸明け ・・・・・・9月26日(木)
となります。

一般にはお彼岸の期間にお墓参りをしたり、仏壇におはぎなどをお供えします。昔から赤色には魔除けの力があると言い伝えられており、小豆は祝の席や儀式の際にお赤飯や砂糖をまぜて「あんこ」にして捧げられてきました。その習慣からお彼岸では魔除けの意味も込めて小豆をおはぎにしてご先祖さまへの感謝と家族の健康を願って墓前やお仏壇にお供えするようになったといわれています。春にはぼたもち(牡丹の花)、秋はおはぎ(萩)というように、それぞれの季節に咲く花に例えられているとも言われます。※諸説あります。

仏教の世界では彼岸は「あちら側の世界=あの世)を指し、それに対して「こちら側=現世」のことを此岸(しがん)と言います。煩悩や悩みに満ちた現世つまり此岸と、悟りの境地であるあの世つまり彼岸を対照的に表しており、亡くなった人々やご先祖様の住む世界、人間がこの世を去ってから行く極楽浄土が「彼岸」であるとされています。

春分の日と秋分の日には、太陽が真東から上り真西へと沈みますが、それにより彼岸と此岸とが通じやすくなり、この時期にお参りをすることで「自分もいつの日か迷いのない彼岸に到達できるように」と願うようになったとも言われています。