年中無休・24時間営業 フリーダイヤル 0120-70-7753

安心典礼

 
   
 

位牌

 

位牌について

死者の霊を祀るために戒名を書いて、各家庭の仏壇や寺院の位碑壇に安置する木牌を位牌といい、霊牌とも呼んでいます。位牌の起源は禅僧が宋時代の中国からもたらし、我国では鎌倉時代よりさかんになりました。
仏教では塔を建てることが亡くなられた方への最高の供養とされ、五重塔を代表とする建築物も「供養」の心が生んだ芸術品でした。このように供養の心が五重塔を作り、やがて位碑へと 変化していきました。「位牌」は死者の「よりしろ」として、また 追善のための祈念の対象物として、信仰生活の中心的存在になっています。

※葬儀の時、白木作りの位牌(野位牌)を祀りますが、忌あけの四十九日以降は黒漆塗り・黒檀・紫檀などの本位牌に取り替えます。
本位牌は安心典礼でも、お作り致しております。