年中無休・24時間営業 フリーダイヤル 0120-70-7753

安心典礼

 
   
 

お仏壇

 

お仏壇について


仏壇は日本の長い鮭史と伝統の中で定着し、現在ではどこの家庭を見ても設けられています。 限りない知恵と慈悲の仏様に形を通して遭うことのできる場所、それが仏壇であり、家庭の浄化の中心、精神生活のより所となる心の支えでもあります。また仏壇の構造は一様ではありませんが、仏壇は浄土の姿を表わすものですから、この仏壇に御位牌をおまつりすることは、亡くなられた霊が浄土に安らかに住まれる姿を示すものとされ、ご先祖の供養のためには欠かすことのできないものです。その他お仏壇に供養する物を分類すると、ご本尊、お飾りと仏具などが上げられます。

ご先祖様をお祀りする仏壇はご本尊様の世界であるともいえます。仏壇におまいりするのは ご先祖様に供養を捧げるとともに、ご本尊様の 世界に生きる祈りでもあります.仏壇の中心であるご本尊をお祀りすることは、お位牌をお祀りすること以上に大切なことでしょう。
宗教的な生活を営むために、仏壇にはご本尊のほか、お飾りと仏具が必要です。宗派によって多少の相違はありますが、ここでは一般的なものを紹介します。

良い匂いのする香を燻じ供えます。 線香さし、各種香炉
蓮の花を代表に、生花が理想的です。 花立て(花瓶)
灯明 ろうそくや油皿に火を灯します。 ロウソク立て(燭台)
浄水 水または茶湯を供えます。 茶湯器、茶台
食物 ご飯や果物、お菓子を供えます。 霊供膳、仏飯木、高坏

仏壇の材質と種類

 仏壇には大きく分けて「金仏壇」と「唐木仏壇」の二種類があります。

金仏壇は関西、北陸を中心に多く用いられる 仏壇です。また関東地方に多いのが唐木仏壇で、黒檀、紫檀、鉄刀木、クルミ、ケヤキ、桜などが材料 として使われております 。
仏壇は、図のような「台付仏壇」と「上置仏壇」とに分かれます。
いずれも安置場所に適した種類を選びたいものです。