年中無休・24時間営業 フリーダイヤル 0120-70-7753

安心典礼

 
   
 

葬儀・告別式・会葬の心得

 

香典は通夜か告別式に持参する

香典袋にはフルネームを書き、そして金額と住所も忘れずに。また表書きは故人の宗教に合わせます。仏式では「御香」「御香典」。
神式では「御玉串料」「御神饌料」。キリスト教のカトリックでは「御ミサ料」プロテスタントでは「御花料」。宗教が分からない場合は、共通して使える「御霊前」が良いでしょう。

順番は目上の人が右で、表書きに書く名前は 3人までとします。4人以上の場合は「○○課一同」などと書き、全員の名前を書いた紙を同封します。
香典は袱紗に包んで持参します。


数珠の扱い方

数珠は仏式の拝礼に用いられます。一般会葬者は特に持つ必要はありません。宗派により種類や用い方が少しづつ違いますが、会葬者は自分の宗派の用い方をしてもかまいません。

会葬のマナー

抹香をたく


1 祭壇に一礼して指先で抹香をつまみ上げ、軽く頭を下げる。
2 抹香を香炉に静かにくべる。
3 合掌して冥福を祈る。

線香をたく
1 祭壇に一礼して線香に火をつけ、手であおいで消す 。
2 線香立てに立てて、鈴を鳴らす。
3 合掌して冥福を祈り、深く一礼する。
玉串をささげる


1 神官から玉串を受け取り、両手に持つ。
2 案(玉串を置く台)の前に進み、玉串をおしいただく。
3 玉串の向きを変える。
A 根本を手前に受け取る。
B 葉先を手前にする。
C 手のひらを上に向ける。
4 二礼する。
5 二拍手する

献花の仕方
1 花を両手に持つ。
2 祭壇の前に進み一礼。
3 花を献花台にささげる。
4 頭を下げて黙祷。